BLOG

ブログ

「安売りは絶対にしない!」グッチのマクラはただの商品じゃないからね!

グッチのマクラは、姿勢矯正を15年以上してきた僕が考案したまくら

お客さんから、「いい枕ないですか?」と毎日のように質問されてたのを思い出すなぁ。

業者さんもたくさんやってきては、「この枕を販売してもらえませんか?」って、これまでに100種類以上の枕を見てきた。

でも、姿勢矯正を行う者として、毎回質問してきたのは【枕の役割を果たしているのか?】ということ。

つまり、「なんのために枕があるのか?」ってことを質問し続けてきた。

 

「え?頭を支えるため…ですか?」

「昔からあるので、寝るときには必要なんだと思います。。」 など

まともな答えが返ってきたことがなかった。

 

枕の役割も答えられない業者が扱う枕なんて、僕の大切なお客さんに売れない。

なので、ずっとバスタオルで作る方法を伝えてきた。

 

そんな時、またいつものように業者さんと打ち合わせをしてる中で、一度もススメられたことがない枕を見つけて、「この枕を見せてほしい」とお願いしたのが、グッチのマクラのもとになる枕だったんです。

 

「この枕の評判は?」って聞くと、「いや〜、売れないですね。低反発の方が流行ってますかね〜。」って感じだった。

 

この枕を取り寄せて、形や素材を確かめて、何日間か使ってみたら、とってもいい枕だった。

なので、欲しいというお客さんには販売を開始したんだけど、「改良できるともっといい枕になるのになぁ」って思ってた。

そこで、業者さんに「この枕を改良したいのですが、工場に聞いてもらえませんか?」とお願いしたんです。

 

「単位は最低100個以上にはなりますが、それでもよろしければ応じる」という答えをもらったので、今までの素材を見直し・スポンジなどを改良・高さや形を調整・生地の肌さわりなどにこだわりできたのが、今のグッチのマクラです。

試作を繰り返しながら、ようやく納品された時にはめっちゃ感動やった!

でも、使うと「あれ?なんか違う。」

僕の想像と違ったので分解したら、したいしたスポンジの配列が間違っていたので、はじめての納品は返品。

楽しみにしていてくれてたお客さんたちにも迷惑をかけたけど、次に届いた枕のは最高の出来だった!

それからも、タグの位置を手に触れないところに変更したり改良を続けて今の形になった。

 

なのでこの枕は、僕の思いの中では、子供みたいなものなんです。

名前:グッチのマクラ

年齢:18歳

性別:男

高校を卒業して、旅発つイメージ!

 

 

僕:さぁ、これからの人生はどうしていきたいの?

マクラ:人の役に立ちたい!

僕:おぉ、いいね〜!で、何がしたいの?

マクラ:たくさんの人の首のサポートをしたい!

僕:わかった!じゃあ、お父さんがお前が活躍できる所を探してやるよ。

 

 

なので、彼が願っている「役に立ちたい!」「首のサポートがしたい」ができる場所を、僕が探してお届けしてるって感じ。

「本当にいいの?」って聞かれたら、特徴・効果・特にこんな症状の方に使って欲しい など、彼の良さをしっかり伝えたい!

だって自分の息子みたいなもんだからね。

誤解されたままはイヤやもん。

そのあと、どう判断するかは相手次第なので、気にしないけどね。

 

あと、「高いなぁ〜!」って言われたら、「知りもしないで文句を言うな!」って腹が立つし、「安くして」って言われたら「売らない」ってはっきり言ってる。

彼が、人の役に立ちたいいう思いを僕が安売りしたくないし、彼が役に立てる人たちが他にもたくさんいるはずだからね。

彼の目的を叶えるために、僕が動き回り、彼の行き先を探している。

 

と一人で妄想をして楽しんいる♪

 

グッチのマクラ・オンラインショップ

グッチのLINE@

グッチのfacebook

◾︎グッチのtwitter

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGETOP